腰痛の原因を特定して改善法を実践!健康体を守ろう

腰の痛みで悩みを抱える人は約3割

腰痛とはその名の通り腰が痛くなる症状ですが、日本人の約3割は腰痛で悩む人が多いといわれています。腰痛の度合いにもよりますが、痛みが続くと日常生活に支障をきたしてしまうでしょう。市販の湿布薬でも改善しない場合は、他の改善方法を試す必要があります。

腰痛の悩みは早急に解決!方法はいくつもあります

腰痛

日常生活に影響が出る症状

普段から同じ姿勢や立ちっぱなし、座りっぱなしの仕事をしている人は腰痛になりやすいといわれています。腰痛になると日常生活にも影響を及ぼしてしまってストレスが溜まるでしょう。原因が分からなくても日常生活を改善するように心がけてください。

READ MORE
女の人

改善する方法はいくつもある

一度腰痛になって改善できたとしても、対策をしていない限り再発の可能性があるので注意をしてください。改善方法として、湿布の活用や腰痛ベルトの装着という方法があります。腰の痛みを軽減することができるので、日常生活の中で活用してみましょう。

READ MORE
腰痛

ストレスが原因の腰痛

現代社会はストレスを溜める人が多いため、ストレスを改善するためにストレッチや体操をするとストレスを発散しやすいです。必要であれば精神科へ受診してストレスが原因の腰痛を改善する必要があります。ゆらゆら体操や柔軟体操などが効果があるとされています。

READ MORE

腰痛の症状が起こりやすい原因を発表します

no.1

普段の姿勢の悪さ

背筋を伸ばさずに背骨が曲がった姿勢を毎日繰り返していると、腰に負担がかかってしまいます。毎日背骨が曲がったままになっていると次第に骨を傷めて腰痛へと変化するでしょう。普段から姿勢が悪い人は、正しい姿勢に改善をする必要があります。

no.2

運動不足による筋力不足

日頃から運動をしていないと、筋肉が鍛えられないため筋力が少しずつ低下してしまいます。運動不足によって腰の筋肉が衰えて腰への負担が増えてしまうでしょう。筋力をつけるためには毎日筋トレをすることが大切です。

no.3

年齢の積み重ねによる骨の老化

カルシウムは丈夫な骨を作り出すために必要な成分です。食事の中で摂取することができますが、バランスの悪い食事でカルシウムが不足すると骨が弱くなります。また加齢とともに自然と骨が老化してしまうこともあります。

no.4

過度の運動によるもの

スポーツマンの人は毎日トレーニングや運動を続けている人も多いですが、身体に負荷がかかることと腰痛になりやすいです。筋肉にある程度の負荷がかかると筋肉を痛めやすいので激しい運動は極力避けるようにしましょう。

no.5

病気による腰痛の症状

隠された病気の症状の1つとして腰痛があります。主に内臓や女性であれば子宮系の病気だと腰痛を伴いやすいとされているので、突然腰痛の症状が発症したときは注意をしましょう。何らかの病気の疑いもあるため検査が必要になります。

原因を解明して改善

婦人

原因不明のときは病院へ駆けつける

腰痛の原因が分かれば改善方法を試すことができますが、何の前触れもなく腰痛が起こったときは原因が分からないでしょう。自分で改善方法を見つける前に病院へ行って医師に診察をしてもらう方が早いこともあります。

腰痛改善に効果的なストレッチがある

動かないことが原因で腰痛になることも多いので、そのときは全身を動かすストレッチが有効的だとされています。ストレッチをすることにより身体の筋肉をほぐせるため腰痛改善へと導くことができます。しかし、腰痛の状態によってはストレッチをすると悪影響をもたらすこともあるので注意しましょう。

広告募集中